ランチプレート作ります

昨夜はカレーライスだったので、わざわざ写真は撮りませんでした。なので、今日は予告編と購入した調理器具についてお話ししたいと思います。

しかし、たかがカレーと侮れません。動物性原料不使用のルウなのに、これがとっても美味しいのです。ぜひ試してくださいね。
SBゴールデンカレー 動物性原料不使用 1kg Golden Curry st jn

さて、話を本題に戻します。
こんなブログをやっているし、おそらく料理好きに見えるかもしれませんが、実はわたし、どちらかと言えば料理嫌い。(お菓子作りは大好きです)それがナチュラルフード講座で料理を習おうなんて、母が聞いても驚いてました。

好きと上手いが比例しないように、嫌いだからできないということではないんですね。はい、できちゃいます。しかも、結構楽しくやってますよ。ナチュラルフード講座は基本、プロを育てる講座のようなので、学科がとても難しいです。でも頑張ってます。

最初の実習は玄米を炊くことでしたが、次はランチプレートを作ります。
本当はテキスト1の学科が終わってから作るようですが、たまたま材料がありますし、腐ってしまう前にランチプレートの実習、やってしまおうと思います。今夜、作りますよ。ランチプレートですが、ディナーです。

しかも実習のランチプレートには春夏ものと秋冬ものの二種類あるのですが、うっかり春夏用の材料を揃えてしまいました。お味噌汁は冷たい味噌汁になってしまいます。まあ、仕方ないですね。

せっかく料理を始めたのだからと、必要な調理器具や前から欲しかったホーロー鍋を購入しました。あとは豆腐作りの型などを買う予定です。今、やる気が漲ってます。頑張ろう。


購入しました。
ハンドブレンダーはナチュラルフード講座推奨です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

ほうれん草クリームの野菜グラタン

ほうれん草クリームの野菜グラタンを作りました。

これ、かなり美味しいですよ。ぜひ試して頂きたい一品です。
ただ、ちょっと手間がかかるので、大変かもしれません。とりあえず、作ってみましょう。

ほうれん草クリームの野菜グラタン
ほうれん草クリームの野菜グラタン

まずはほうれん草のパテ作り。
ほうれん草は茹でてざく切りにします。ジャガイモは1cm角に切り、玉ねぎも同様に1cm角に切ります。
ニンニクはスライスにします。

深さのあるフライパンか鍋(コーティングされている鍋がいいと思います)にEXVオリーブオイルを熱し、ニンニクを炒めます。ニンニクの香りが出てきたら玉ねぎとローリエを加え、甘みが出るまで炒めます。

玉ねぎの甘みが出たらローリエを取り除き、水を切ったジャガイモを加えて軽く炒めます。そこへ水を加え、蓋をして10分間茹でます。

10分後ジャガイモが柔らかくなっていたらほうれん草を加え、豆乳を注いで軽く煮立たせます。
ハンディブレンダーがある場合はそれで上記をペースト状にします。ハンディブレンダーがない場合は冷ましてからフードプロセッサーでペースト状にして完成。

次はベシャメルソース作りです。
鍋にEXVオリーブオイルを熱し、玉ねぎを甘みが出るまで炒め、小麦粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒めます。そこへ先ほど作ったほうれん草のパテと豆乳を加え、煮立たせます。塩、黒胡椒で味を整え、ベシャメルソースの出来上がり。

具の準備をします。
アスパラは下5cmの皮を剥き、30秒茹でて2等分か3等分に切ります。
玉ねぎはスライスして、かぼちゃは5mm厚さにスライスします。

フライパンにEXVオリーブオイルを熱し、かぼちゃを片面1分ずつ焼きます。焦げると焦げ臭くなりますから、注意してください。

グラタン皿にEXVオリーッブオイルを塗り、ベシャメルソース、かぼちゃ、アスパラ、ベシャメルソースの順に入れ、パン粉をふってEXVオリーブオイルを回しかけます。

220度に熱したオーブンで10分焼いたら出来上がり。

手間はかかりますが、かなり美味しいです。
ただ、濃厚なので2〜3人で分けて召し上がり、フランスパンと一緒に頂けば美味しいと思います。

ほうれん草のパテはそのままでもかなり美味しいので、パンに乗せて食べてもいいと思いますよ。


↓ レシピはこちら

愛用してます。

購入しました。
ナチュラルフード講座推奨のハンドブレンダーです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

ごぼうの照り焼きバーグ

ごぼうの照り焼きバーグを作りました。
見た目は普通のお肉のハンバーグのようですが、ごぼうとオートミールで作ります。

まずはごぼうのパテ作り。
ごぼうは1mm厚さに切って水にさらしてアクを抜きます。玉ねぎは1cm角に、ジャガイモも1cm角に切ります。にんにくはスライスに。

鍋、または蓋のできる深めのフライパンにEXVオリーブオイルを熱し、にんにくを炒め、香りが出てきたら玉ねぎとローリエ、塩を入れ、甘みが出るまで炒めます。
玉ねぎが透き通って甘みが出たらローリエを取り出し、ジャガイモとごぼうを加えて軽く炒めます。炒めたら水を加え、蓋をして弱火で10分、ジャガイモが柔らかくなるまで煮ます。

ジャガイモとごぼうが柔らかくなったら豆乳を加え、一煮立ちさせて火を止め、ハンディブレンダーで潰します。ハンディブレンダーがない場合は、冷ましてからキッチンプロセッサーでペースト状にします。これでごぼうパテの出来上がり。

次はごぼうバーグを作ります。まずはソース作り。
小鍋にてんさい糖、酒、醤油、片栗粉を入れ、火にかけてとろみをつけます。

そして熱したフライパンにEXVオリーブオイルを熱し、ごぼうバーグを並べ、両面1分ずつ焼きます。焼きあがったら赤ワインを入れて火にかけ、アルコールをとばします。先ほど作った照り焼きソースを加え、絡めたら火から下ろします。

ごぼうバーグの下に青じそを敷き、ごぼうバーグの上に刻んだ小ねぎを散らして出来上がり。
大根おろしも添え、上に乗せて頂きます。

お味は…うーん、好みが分かれるかもしれません。
ヴィーガンでもベジタリアンでもない主人は黙って食べていました。普段から美味いも不味いも言わない人です。

もしお作りになるなら、あまり練りこまない方が美味しいかもしれません。練りすぎると、焼きあがっても粘りが強くなってしまいます。


↓ レシピはこちら


愛用してます。

購入しました。
ナチュラルフード講座推奨のハンドブレンダーです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

美味しい玄米の炊き方

ナチュラルフード講座、第一回目の実習は美味しい玄米の炊き方です。
ナチュラルフード講座には教材として有機玄米がついています。早速これを使って炊きたいと思います。

玄米の選び方
農薬や化学肥料は玄米の糠の部分に残留しやすいので、なるべく有機栽培のものを選びます。有機栽培のものは安心、安全なのはもちろんのこと、美味しいのでお勧めです。

玄米の炊き方

洗い方
もみ殻や痛んだ米を取り除き、手で軽く円を描くように混ぜ、2、3回水を替えて洗います。白米のように研ぎません。浮いてくるもみ殻を取り除き、ゴミやホコリを軽く洗い流します。最初に含む水を一番吸収しますから、お水は浄水されたものかミネラルウォーターを使いましょう。

浸水させる
洗った玄米をザルにあげて水を切り、玄米の量の1.5倍〜1.8倍の水に浸し、2時間〜一晩(7〜8時間)浸水させます。夏場の気温が高い時期は発酵してしまうことがあるので、浸水は1〜2時間にします。長めに浸水する場合は冷蔵庫に入れておきます。

圧力鍋で炊く
玄米1合につき塩をひとつまみ加え、圧力鍋の蓋をして中強火にかけます。圧がかかってきたら弱火にして20〜30分炊きます。塩を加えるのは玄米特有の臭みを和らげ、甘みを引き出し、ミネラルのバランスを良くするためです。

炊き上がったら圧力が抜けるまで放置します。10分ほどで圧力が抜けるので、これで完成です。

土鍋、鋳物ほうろう鍋で炊く
圧力鍋に比べるともっちりとした食感は少なくなりますが、ふっくらと炊き上がります。
水加減は容積で玄米の1.5倍〜1.8倍にして、浸水時間は6〜12時間ほどです。玄米1合につき塩をひとつまみ加え、蓋をして中火にかけ、沸騰したら弱火にして40〜60分炊きます。火からおろし、15分ほど蒸らしたら出来上がり。

ステンレス鍋で炊く
土鍋、鋳物ほうろう鍋に比べ、さっくりとした炊き上がりになります。かたさがやや残るので、パエリアやピラフを作るのに適しています。
玄米の量の1.5倍〜1.8倍の水に浸し、6〜12時間浸水させます。玄米1合につき塩をひとつまみ加えて蓋をして中火にかけ、沸騰したら弱火にして40〜60分炊きます。火からおろし、15分ほど蒸らしたら出来上がり。

炊飯器で炊く
玄米炊き機能のついた炊飯器を使用します。炊飯器は土鍋で炊いたようなふっくらとした炊き上がりになります。
玄米の量の1.5倍〜1.8倍の水に浸し、6〜12時間浸水させます。玄米1合に対してひとつまみの塩を加え、玄米炊きコースで炊きます。

以上、玄米の炊き方でした。
もし参考になりましたら、右サイドバーまたは下の「ヴィーガン」バナーをクリックして頂けると嬉しいです。


↓購入しました

↓愛用しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

エリンギの磯辺揚げ

エリンギの磯辺揚げを作りました。

まずはエリンギを縦4本に切り分けます。
次に全粒薄力粉(普通の薄力粉でもいいと思います)に青のり、塩を入れ、炭酸水で溶きます。炭酸水と書いてあるのでそうしましたが、お水でもいいんじゃないかな、と思います。たまたまうちは炭酸水があるので、炭酸水を使いました。

鍋、またはフライパンに新しい油を180度に熱し、衣をつけたエリンギを揚げます。
そんなに長い時間は揚げなくていいと思います。両面ひっくり返せば少ない油でも十分揚がります。

トレイに乗せて油を切ったエリンギをお皿に盛り付け、レモンを添えて出来上がり。

結構美味しいです。
薄味だったので塩をつけて頂きましたが、最初から塩味がしっかりついていた方が美味しいと思います。一緒にレンコンを揚げても美味しそう。レンコンの磯辺揚げってないですよね?今度やってみようかな。


↓ レシピはこちら


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。