ヴィーガンからベジタリアンになります

このブログを始めた当初はヴィーガンとして頑張って来ましたが、周りの心配や健康面、栄養面でのこと、やりたいことのため、ヴィーガンをやめてベジタリアンになることに致しました。

ヴィーガンとして頑張っていらっしゃる皆さんにはお恥ずかしい話ですが、先日、卵や乳製品不使用のパンを焼いた時から、パン作りを始めたくなりました。普通のレシピでは、パンには卵やバターが使われています。パン作りを始めるには、それらを食さなければなりません。非常に軽率な理由かもしれませんが、わたしはヴィーガンをやめて、ラクト・オボ・ベジタリアンになることに致しました。

ラクト・オボ・ベジタリアンとは、肉類や魚介類は避けますが、卵や乳製品は摂る菜食主義者のことです。

ベジタリアンの種類についてはこちらをご覧ください。
ベジタリアンの種類

今後もヴィーガン料理は作り続けますし、更新も致します。

そして、せめてものこだわりは、卵は摂るけれど、それは無精卵で平飼いでなければならないということです。
牛乳も極力使わず、豆乳でやっていきたいと思っています。

がっかりされた方がもしかしたらいらっしゃるかもしれません。申し訳ありません。ラクト・オボ・ベジタリアンとして頑張っていきます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

わたしが肉食をやめる理由

生野菜嫌いのベジタリアン生活へようこそ。
まずは何故ベジタリアンになろうと決心したのかをお話しします。Aboutと重複しますが、ご了承ください。

わたしは生野菜が大嫌いで、焼肉大好き人間です。
ですが、いつも考えていました。はたして自分は動物を殺してまで肉を食べることができるのだろうか?

答えは否。自分で殺して食べるなんて、そんなことできません。
それなら何故、平気で肉を食べているの?
そんな罪悪感がありました。

そんなある日、ふと日本の精肉工場がどのようにしているのかが気になりました。
Google検索で見つけたとあるサイトと動画。
960日のいのち。日本の精肉工場の動画です。
これを観て、涙が溢れました。悲しくて辛くて、もう肉は食べられないと思いました。とても無理です。

続けて、卵や牛乳も酷いやり方でもたらされているのだと知りました。

しかし、主人は「興味ない」と言って動画を観てくれません。
パピヨンのカミーユも肉食をやめさせるわけにはいきません。犬は肉食の歯をしていて、野菜を噛むには適していないのです。カルシウムも人間の倍必要ですから、朝は豚肉、夜はラム肉の手作りご飯を与え、牛の骨の粉末を与え続けます。
主人にも肉や魚を使った料理を作らなければなりません。

ですが、わたしだけはヴィーガンベジタリアンになりたいと思います。
生野菜がダメでも温野菜は食べられますし、野菜炒めも大好きです。なんとかなる!
頑張りますので、応援してくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。